「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」往年の人気作品「ゼルダの伝説」シリーズの最新作が、任天堂の最新ハードで登場!今までのゼル伝とは圧倒的に違う自由度が魅力的!

まずはこの人気スイッチゲームの公式トレーラーをチェック!

 

 

「ゼルダの伝説」シリーズ最新作

 

 

2017年3月に発売され、現在では世界各国での累計売上が約800万本になる本作。10万本売れればヒット作と言われるゲーム業界においてこの数字は驚異的です。「ゼルダの伝説」シリーズ最新作、そしてNintendo Switchの記念すべき第1作目のソフトという事で、発売前から期待と需要が高かったのでしょう。その期待にしっかりと応えた本作は、「日本ゲーム大賞2017 年間作品部門 大賞」を始め国内外で数々の著名な賞を獲得しました。

対応ハードについては、Nintendo Switch版とWii U版が同時発売されています。どちらもゲーム本編の内容は同じものですが、グラフィックの解像度や音質に若干の差があるため、その観点からSwitch版を選んだユーザーも多いようです。

今までの「ゼルダの伝説」のゲームシステムは、基本的に決められた一本の道筋を辿ってゆくものでした。マップもダンジョンも決まった順番でしか攻略できないし、正しい手順を踏まないと宝箱1つ開けられない。数あるゲームの中でも比較的自由度の低い作品なのです。それも一種の「ゼルダらしさ」という事でファンには受け入れられていました。

しかし、本作ではそんな既存のイメージを一新!どの順番で世界を巡るのか?どんな手段で謎を解き、敵を倒すのか?攻略方法は十人十色、行動の全てがプレイヤーの手に委ねられています。いつ、どこで、何をしても良い「ゼルダの伝説」。シリーズのファンさえ予想もつかないような冒険が待っているのです!

 

舞台はハイラル!主人公は100歳!?

 

 

魔王ガノンの復活により、ハイラル王国は崩壊しました。後に“大厄災”と呼ばれるその戦いの中で、近衛騎士として剣を握っていたリンクも致命傷を負い倒れます。何とか生き残ったゼルダ姫は、リンクの回復を信じて“回生の祠”へとリンクを運び、その後自らの命を賭してガノンを一時的に封じ込めました。

時が経ち、大厄災から100年。祠の中で目覚めたリンクは、傷こそ塞がっていたものの一切の記憶を失っている状態でした。大厄災はおろか、自分が何者なのかさえ分かりません。不思議な声に導かれ、自分の記憶とハイラルの平和を取り戻す冒険へと旅立ちます。

 

鍵を握るのは4人の英傑!

 

 

本作では、過去の「ゼルダの伝説」シリーズでお馴染みの種族や集落も多数登場。その中でもリンクの冒険の鍵となる心強い味方となってくれるのが、ゴロン族のダルケル、ゾーラ族のミファー、リト族のリーバル、そしてゲルド族のウルボザです。彼らはかつての大厄災でリンクとともにガノンに立ち向かい、命を落としてしまいました。しかしその魂は神獣という古代兵器の中に残ったまま、必ず訪れるであろうリンクの来訪を待ち続けているのです。

作中のメインストーリーの一部として、彼ら4人と乗っ取られた神獣の解放は必須事項です。神獣に巣食うガノンの分身を倒す事で攻略となり、その後は打倒ガノンのために力を貸してくれるようになります。種族も性格もバラバラの4人ですが、知れば知るほど愛着が湧いてきますよ。英傑と呼ばれた仲間たちとともに、今度こそハイラルの地を守りましょう!

 

アクションとギミックを使いこなせ!

 

「ゼルダの伝説」と言えば、操作性の高いアクションと、難易度の高い謎解きが人気の作品です。主人公であるリンクにレベルや能力値のような概念はなく、新しいアイテムを手に入れる事で行動の選択肢が増えてゆきます。

本作でもそれらの基本要素は変わりませんが、行動範囲や自由度については桁違いです。とにかくできる事が多い。広大なフィールドを滑らかに動き回る3Dアクションとなっているため、好きなタイミングで好きな武器やアイテムを自由に使う事ができます。同じ敵を前にしても、剣で斬り付ける人もいれば、遠くから弓矢で狙撃する人もいるし、バクダンで吹き飛ばす人だっているでしょう。自分に合った戦闘スタイルを探してみてください!

リンクの行動が何でもありな状態になっているので、ステージギミックにもまた何でもありでハイレベルな謎解きが用意されています。特に今回は、3Dである事をフル活用した立体的な仕掛けや、最新ハードならではのコントローラーの傾けを利用する仕掛けも登場!条件と装備を整理しながら、いろんな事を試してみましょう。攻略方法は1通りだけではありません。何でもできるからこそ悩んでしまうかも!?

走り続けると息が切れる、高い所から落ちると怪我をする、標高の高い所は気温が下がる、歩いた場所に足跡が残る、陽が落ちて夜になりまた朝が来る。人も、動物も、大地でさえも、あらゆる存在がそこで確かに生きているのだという事が、美しく繊細なグラフィックから伝わってきます。「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」というタイトルに相応しいクオリティです。ぜひ遊んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です