「スプラトゥーン2」世界をインクで塗り尽くせ!敵を倒すというシューティングゲームの根底を覆した誰でも楽しめるおすすめスイッチゲームです!

スイッチゲームと言えば!白熱のイカバトルの公式動画をチェック!

 

 

大ヒットTPSの続編が任天堂スイッチに登場!

 

『スプラトゥーン2』は2015年にWii U向けに発売された前作『スプラトゥーン』の続編となります。

基本となるシステムは共通していますがより遊びやすくバランスのとれた対戦ゲームとなりました。

 

このシリーズはTPS(三人称視点シューティング)を採用しているのですが、

それまでのTPSないしFPSゲームとは全く異なる方向を向いた作品となっています。

これからのFPSないしTPSのゲームに一石を投じたことは間違いないでしょう。

 

傷つけることのない世界観

 

FPSやTPSのゲームというと兵士が銃で撃ち合うものと相場が決まっています。

『バトルフィールド』や『コールオブデューティー』それから

『レインボーシックスシージ』に『ギアーズオブウォー』といった作品は

全て敵を銃で撃ち倒すということを主目的としているものです。

 

もちろんその他のFPSやTPSの作品も基本的にそういった傾向にあります。

ところが『スプラトゥーン』は根本から異なるゲームシステムなのです。

 

『スプラトゥーン』では2チームに分かれて対戦することになるのですが、

その勝利条件は「自チームのインクで地面をより多く塗りつぶす」こととなります。

 

敵を倒しても良いのですが、例え10000人倒したところで

相手のチームがより多く地面を塗っていれば負けです。

 

つまりキルデスといったレートは勝利に直接関係する要素ではなくなりました。

最早「より多く塗れるかどうか」が勝敗の鍵を握っているのです。

そしてこのゲームシステムにより多様なプレイヤーが活躍できるようになりました。

 

下手でも十分に勝利へ貢献できる!全く新しいシューティングゲームの形!

 

FPSやTPSでしばしば問題になるのが成績が下位のプレイヤーです。

オンラインな作品では下位になると罵倒されることもあり、

そうしたハラスメントはゲームを辞める原因にもなり得るほどです。

 

またそうして新規参入者が減れば全体のプレイヤー数も減少していくわけですから、

上手く活躍できないプレイヤーの存在はその作品を衰退させてしまう一因とも言えるでしょう。

 

もちろん誰もが最初は初心者なのですから、そうした問題は一見解決できないように思われます。

ですが『スプラトゥーン』ではこの点をある程度解消することに成功しました。

 

勝利条件が「敵を倒す」ではなく「地面をより多く塗る」ことなので、

敵を倒すことが苦手なら地面を塗れば良いのです。

 

例えば前線で味方と敵が戦っているとき、

自信が無ければサポートに回れば勝利へと十分に貢献することができます。

 

まだ塗られていない土地や前線付近を塗ればチームの勝利に繋がるのです。

もし敵を倒すことに熱を上げている味方がいた場合、

むしろ地面を塗るプレイヤーというのは勝利の立役者ということにさえなります。

 

また「地面を塗る」という大まかで簡単、かつシンプルな目標設定は秀逸です。

敵を倒すにはレベルが上がるにつれ状況を読み遮蔽物を確認し

エイムしながら攻撃をしていかなくてはいけませんが、

地面を塗るだけだったら簡単にできます。

 

子供でも直ぐにルールを把握して地面を塗りたくることができるでしょう。

これはゲームとして非常に秀逸な設定です。

誰もが楽しめるゲームとして『スプラトゥーン』は生まれました。

 

協力対戦新モード「サーモンラン」が楽しすぎる!

 

『スプラトゥーン』も『スプラトゥーン2』もほぼ同じシステムを採用しているのですが

『スプラトゥーン2』にはいくつか新要素が盛り込まれました。

その中でも特徴的なのがサーモンラン通称バイトです。

 

これはいわゆるCOOPモードで、

最大4人でCPU相手の協力対戦をすることができる形となっています。

 

またサーモンランのゲームシステムは通常の対戦とは全く異なります。

サーモンランでは敵を倒して得られるイクラを既定の量以上、

回収していくことになるのです。

 

制限時間内に規定の量を収められなければゲームオーバー、

既定の量を収めれば次のウェーブが始まるといった形になります。

 

また味方が倒されればインクをぶつけることで直ぐ復活できるので、

倒されてもゲームに参加できる可能性は十分に残されているのです。

 

サーモンランでは敵がCPUなので対人戦に抱くようなプレイヤーへの不満を抱えずに済みます。

それよりも対戦モードとは異なるゲームシステムで

一緒に協力しながら課題をこなすという協力プレイならではの面白さを感じることができるでしょう。

 

対人戦に疲れたらサーモンランをプレイする、

というような形で遊んでみるのも良いかもしれません。

 

やっぱり音楽が素晴らしい

 

前作『スプラトゥーン』ではシオカラーズという2人組アイドルによる楽曲が話題を呼びましたが、

この人気スイッチゲームでも音楽のクオリティは高いものとなっています。

 

前作で使用していた楽曲をリファインしたものもたくさんありますし、

新曲も追加されている形です。

 

パンクバンドやスカバンド風な楽曲からエレクトロニカなものまで音楽のジャンルは広範なものとなっています。

また、新アイドルとして登場する「テンタクルズ」の楽曲もラップを導入したりと意欲的なものとなりました。

 

任天堂のFPSないしTPSを代表するおすすめスイッチゲーム!

 

『スプラトゥーン2』は誰でも活躍ができるTPSゲームです。

あくまでインクで地面を塗ることが勝利条件となっているため、

シューティングゲームが不得意であってもチームに貢献することができるでしょう。

 

同ジャンルに一石を投じるような作品であり、

任天堂によるFPSないしTPS作品の代表作ともいえます。

任天堂スイッチを所有しているなら手に入れておきたいおすすめTPSです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です